競争法

独占禁止法の分析は、当社における従来からの調査分野です。
もともとは、情報通信産業における市場力を利用した販売方法の独占禁止法的位置づけなどを調査した経験があります。

また、会社設立後においては、特に国際的な見地からの分析の経験を有しています。特に、米国反トラスト法やEU競争法の知識は、駒澤総合法律事務所における具体的な事件処理においても役立つものですし、また、調査分析事態においてもきわめて重要な意味を有しています。

It's only fair to share...Share on LinkedInTweet about this on TwitterShare on Facebook