IS決済・市場インフラ委員会による報告書「デジタル通貨」の公表について

BIS決済・市場インフラ委員会(CPMI)は、11月23 日、報告書「デジタル通貨」(原題:Digital currencies)を公表し、その日本語訳が、日本銀行のサイトにでています

BISから、仮想通貨についてのコメントが出ているというのが、まず大きな意味かと思います。

(日本語訳をベースに読むと)

4ページの分類図は、私の図(仮想通貨 15ページ)と併せてみると、より理解が深まるかもしれません。

あとは、基本的に中央銀行との関係での議論なので、現在の流通程度では、あまり深刻な問題にはなっていない問題についての将来考察ということで理解するといいかと思います。

個人的には、

「多くの場合デジタル通貨は資産であり、需要と供給によって価値が決定される。概念的には、金等のコモディティに類似。しかし、コモディティと異なり、本源的価値はゼロ」という記載は、?です(日本語訳3ページ)。

「資産」っていう言葉をつかうって何よ、と思って原文を読むと「 digital currencies are assets with their value determined by supply and demand」ですね。私だと、「価値のある資産」といって価値を絶対に訳出しますね。このvalueは、書いている人は、monetary valueのつもりじゃないでしょうか。もしかすると、日本語の資産に伴う有体物感を払拭するのには、「貨幣価値のある取引対象」(金融商品っぽい)のほうが正確なんじゃないでしょうか。

ソブリン通貨だって、本源的価値があるの?とか思っています。

(この点は、貨幣を専門的に研究する人の間では、「本源的価値」とかいうような言葉って使うのかな、って思っています)

抄訳で読む限り、法律的な背景を念頭に分析はされていないという感じはします。英語も時間があったら読んでみたいなあと。(まあ、予算があったら読みますよ-いかがでしょうか>日銀関係者さま)

 

 

 

 

情報セキュリティ事件の近時の動向~政策・マネジメント・法的分析~

一弁の総法研IT法部会は、法務研究財団と共同で、「情報セキュリティ事件の近時の動向~政策・マネジメント・法的分析~」というシンポジウムを開催することにしました。
ご案内は、こちら

・大手通信教育会社情報漏えい事件
・米国映画会社への大規模攻撃事件
・日本年金機構の情報漏えい事件
を例にとりながら、これらの事件を、普通のシンポジウム(技術偏重)とは異なる、「法的・マネジメント・政策」の観点からとらえてみようという意欲的なものです。

ぜひとも、参加ください。

これらを、どう法的に分析するのだ、という人がいるかもしれませんが、実は、この三つは、法的な位置づけが異なっていたりするんですね。どう違うかはお楽しみに。

ファクシミリでの参加登録ということは、すこしご容赦ではありますが、許してやってください。

高橋郁夫

仮想通貨セッション@InternetWeek

InternetWeekのS11で「仮想通貨の現状と可能性~技術・法律・制度~」でお話をします。

あと、Scannet Securityでの宮内さんのご案内は、こちら

みなさま積極的に遊びにきてください。

私は、作った資料は、FinTechから、仮想通貨の規制のお話をすることにしました。こじんまりとした感じだと、会場の人とFinTechまわりやブロックチェーンあたりと議論できるといいかもです。

ブロックチェーンの定義

ブロックチェーンの可能性についての記事がいろいろと出てきています。

日本語でも
「仮想通貨の根幹であるブロックチェーン・テクノロジーとは」
とか
「ブロックチェーンの正体」
とかがあります。

また、英語まで広げると
The great chain of being sure about things

The trust machine

The Blockchain Might Be The Next Disruptive Technology

 

などがあります。

ただ、どの記事も、ブロックチェーンって何? というのを意識して書いていなかったりします。基礎的な要素としては、P2P、公示、プロトコルへの信頼、検証などがあると思われます。

定義として、何を入れるか、何をはずすかとか考えると、大変なので、きちんと、「ブロックチェーンとは ○○」をいうとかはできないんでしょうね。

でもって、無謀にも、「不特定または多数に対してデータを、その生成からの時系列を伴い公示するものであって、デジタル技術を用いて、その情報を検証するもの」
と定義してみることにしました。(「生成からの時系列を伴い」は、追加)
公示か、公信か
計算競争が必要か

生成されるデータの性質(それ自体、貨幣価値とプロトコルで定められているのか、他の現実社会の何か-事実、権利、観念なのか)
とかの論点があります。(ここも、ちょっと修正

情報公示される相手方との関係で、クローズドかどうか、という点は問わない
管理者の有無も問わない
ということで、広い利用を可能にするものかと思います。

「ブロックチェーン」なので、時系列的な変化とともに記録されて、それらが、技術的に、検証されるというところに特徴があるかと思います。ただ、時系列といっても、プロトコルに定められている原始取得の部分であっても、時系列を伴いに該当します。(追加)

その一方で、単なるコミニュティ内での情報流通は、排除されています。デジタル技術が必要ですね。これは、ハッシュ関数が一つの例ですが、それ以外もあるかもです。

定義は、議論の土俵を決めるという効果かしないわけでしょうが、それでもいろいろと考えていくと、特徴を表してくれるので、アルファであり、オメガであるというのは、そういうことですね。